上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
e6porusyejiko.jpg

コースアウトし看板に激突!
マシンは宙を舞います。
スポンサーサイト
2007.07.09 Comment:0 | TrackBack:0

クラッシュ動画紹介サイトについて
このクラッシュ動画紹介サイトは管理人タイガーによって作られています。またクラッシュ動画紹介サイトで紹介している動画は全てYouTubeにアップされている動画を使用していますので、全て無料で視聴することができます。 まだまだコンテンツが少ないですが、これからもクラッシュ動画紹介サイトをよろしくお願い致します。

YouTubeについて
2005年2月に設立された米ネットベンチャーYouTube社が運営する、動画コンテンツ共有サイト。会員登録をすることによって誰でも容量100MB、再生時間10分以内の動画ファイルをアップロードし公開することができる。YouTubeで公開された動画ファイルは会員登録をしていないユーザでも無料で閲覧することができる。閲覧したい動画のキーワード検索も行うことができ、会員登録したユーザはさらに閲覧した動画に対するコメントを投稿したり、動画を5段階で評価したりといったこともできる。 YouTubeは手軽に動画ファイルの配信および閲覧が行えるため人気を集めており、YouTubeへのアクセス数は増え続けている。2006年3月時点で米国内からのアクセスが1ヶ月あたり800万、日本国内からのアクセスも1ヶ月あたり200万と言われる。大容量の動画ファイルを配信するため、運営にかかる回線使用料も莫大で、1ヶ月あたり100万ドルを超えると推定されている。YouTubeにはWeb広告が掲載されているが、今後どのように収益を上げていくのかといったビジネスモデルは公開されていない。 YouTubeにアップロードされた動画はFlash形式でストリーミング再生により公開されており、動画ファイル総数は4000万で毎日3万5000ずつ追加されているという。YouTubeで公開されている動画の内容は、個人の撮影したホームビデオなどの他に、テレビ番組やアニメ作品、音楽プロモーションビデオなどの著作物も多く含まれる。著作権のある動画コンテンツを無断で公開することは当然違法であり、YouTube側はそのような違法コンテンツをアップロードしないように呼びかけ、権利者の要請に応じて違法コンテンツの削除も行なっている。 YouTubeでは依然として多数の違法コンテンツが配信されているのが現状であるが、Yahoo!動画でYouTubeのコンテンツが検索できるようになったり、東京MXテレビがテレビ番組コンテンツの配信を始めるなど、その影響力からとりまく環境が変化してきている。2006年10月にはYouTube社がネット検索大手のGoogle社に買収され、同社子会社となった。
Secret

TrackBackURL
→http://motorsportscrash.blog106.fc2.com/tb.php/31-10fce5c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。